ちば緑耕舎トップ


29年産米の放射能検査結果はいずれも「検出せず」でした。
通常通りの出荷をしております。

土壌診断や玄米検査を行っています。
圃場の放射能数値低減化に取り組んでいます。
これからもずっと安心して食べられるお米作りに努めていきます。





―――――――――――――――――――――――――
!意識の高い農家直営のお米の会社 ちば緑耕舎です!
―――――――――――――――――――――――――

当サイトへようこそ。私たちは千葉県の北部、利根川と印旛沼に囲まれた地域で「コシヒカリ」を生産する、 7人の認定農家からなる有限会社ちば緑耕舎です。
北総台地の肥沃な大地と穏やかな気候に恵まれ、丹精こめて育てたお米は、消費者の皆様から多大なる ご支持を頂いております。疎植、深水、米ぬか、紙マルチ、etc・・・、技術と経験を駆使して 「特別栽培米」「JAS有機米」として販売をしております。
特別栽培米は農薬削減率73%と、他に類を見ない削減率となっております。
生き物調査を実施して生き物の個体数を調べることもしています。 その結果からは、イトミミズによりトロトロ層の形成がなされ農薬削減に寄与し、数字に表れた成果を実感しています。
まだまだ、取り組みはスタートしたばかりです。100年後、200年後も緑あふれる生き生きとした大地より恵みがありますよう、 今我々ができることを、精一杯やっていこうと思います。

■「平成25年度 千葉県米消費拡大推進功績者」に選ばれました!詳しくはこちら








今回の声: 山 岸 忠 雄 (やまぎし ただお)         ・・・令和3年9月・・・



    
今年の夏は猛暑日が続いたかと思えば、いよいよ稲刈りが始まるという頃から急に涼しくなり、雨が降ったり止んだりの毎日です。
雨に打たれるたびに田んぼの稲は頭をたれ、だんだんと刈りづらくなってきますが頑張ってやって居ります。
今年も稲刈り体験はもちろん色々なイベントが中止となり、皆様とお会い出来ませんが一日も早くコロナが収束し、これまでと同じように交流会が開催される事を願っております。


    
    



COPYRIGHT©2009  有限会社ちば緑耕舎  All RIGHTS RESERVED.